冬タイヤの購入について考えてみた、王道ブリジストンで決まりか?

タイヤ購入
sponsored link

冬タイヤの購入について

 

冬の間、安全に運転するためには、冬タイヤの購入が必要です。しかし、冬タイヤはどのように選ぶべきでしょうか?この記事では、冬タイヤの種類や特徴、おすすめの商品などを紹介します。

 

冬タイヤの種類と特徴

 

ここで紹介する冬タイヤには、ブリジストンスタッドレスタイヤとダンロップスタッドタイヤの2種類があります。それぞれにメリットとデメリットがありますので、自分の運転環境や好みに合わせて選びましょう。

 

ブリジストンスタッドレスタイヤは、表面に凹凸があるゴムでできており、雪や氷の上でも滑りにくいです。また、路面との摩擦で発生する熱でゴムが柔らかくなり、路面に食いつくようになります。メリットは、静かで快適な走行ができることです。デメリットは、乾いた路面では制動距離が長くなることや、摩耗が早いことです。燃費も若干悪いかなと感じます。

 

ダンロップスタッドタイヤは、表面に金属製の釘(スタッド)が埋め込まれており、雪や氷の上でも優れたグリップ力を発揮します。また、乾いた路面でも安定した走行ができます。メリットは、雪道や凍結路での制動性能が高いことや、耐久性が高いことです。デメリットは、騒音が大きいことや、路面を若干痛めることです。

 

冬タイヤのおすすめ商品

 

それでは、冬タイヤのおすすめ商品を紹介します。ここでは、スタッドレスタイヤをピックアップしています。

 

  • 1番おすすめのスタッドレスタイヤは、「ブリヂストン ブリザック VRX2」がおすすめです。このタイヤは、高密度な3Dラムダサイプと呼ばれる溝を持ち、雪道や凍結路での制動力や操縦安定性を向上させています。また、低温時でも柔らかさを保つ新素材を採用しており、乾いた路面でも快適な走行ができます。

 

  • 次のおすすめのスタッドタイヤでは、「ダンロップ ウインターマックス WM02」がおすすめです。このタイヤは、高硬度なスチール製のスタッドを持ち、雪道や凍結路でのグリップ力や耐久性を高めています。また、特殊なゴム配合や溝形状により、騒音や燃費の悪化を抑えています。

最後に

個人的には、安心したいならブリジストンですね。燃費は若干悪くなりますが、やはり王道!!間違いないです。値段も少し高いですが、安心安全を買うとなれば安い買い物なのかもしれません。

Visited 17 times, 1 visit(s) today

コメント

タイトルとURLをコピーしました